お近くのクラスト

HOMEよくいただくご質問

マンション経営は土地の相続税対策に本当に有効なの?

遊休地を利用してマンションを建てると、更地で相続する場合と比べて借家建付地評価、借家権割合で評価が下がりますので、相続税評価額も大幅に軽減されます。またマンションを建設するための借入金は、残債が相続総額から差し引かれますので、課税対象額をさらに引き下げることができます。
相続が発生してから土地を売ればよいというお客様も見えますが、バブル期のように地主様が思うような価格で土地が売れる時代ではありません。マンション建設の収益は、納税財源にもなり、評価を下げることと、納税資金となることの両面からみても、非常に有効的な相続税対策と言われます。相続が発生する前から、長い目でマンション経営を考えられたらいかがでしょうか?


マンションを建てたら、固定資産税が増えるの?

農地が宅地に変わるわけですから、土地の固定資産評価は上がります。しかしマンションについては特別な軽減措置が利用できますから、通常の宅地よりも大幅に評価額が下がります。まず土地に対する固定資産税は6分の1に(小規模住宅用地の場合)、建物に対する固定資産税は耐火構造物(鉄筋コンクリート)で5年間、簡易耐火構造物等で3年間は2分の1に軽減されます(但し、一戸あたり35平方メートル以上120平方メートル以下)。
さらに固定資産税の支払い財源を考えると、マンション経営を始めた場合は家賃収入から支払うことができます。お客様ご自身の収入から固定資産税を支払う状況と比較すると、負担は軽くなるはずです。


鉄筋コンクリート造りは、鉄骨や木造に比べて費用が高い?

クラストの鉄筋コンクリート造マンションは、他の工法と比べ決して高額な費用はかかりません。しかも30年、50年という期間で耐久性を考えると、鉄筋コンクリートに勝る選択はありえません。また鉄筋コンクリートは遮音性に優れ、地震・火災などの災害に強く、入居者のプライバシーと安全を守ることができますから、入居選択時の決め手ともなります。クラストでは優れた特性をもつ鉄筋コンクリート造の内外装を規格化し、共通設計や大量仕入れによってコストダウンを実現しました。鉄骨並みのコストで鉄筋造り――これがクラストの建物です。


クラストの物件はどうして入居率が高いの?

入居者を確保するために、さまざまな手段をとっているからです。一例が不動産賃貸課「テクトピア」による入居者募集です。積極的な募集活動に加え、魅力的なお部屋をご用意しているからです。ぜひ一度、土地活用セミナーにご来場ください。高入居率のお部屋の魅力をご覧いただけます。

土地活用セミナー


「無料管理システム」って何ですか?

マンションを経営・運営していく上で、管理費用が発生します。管理会社は管理費をオーナー様からいただいて入居者の募集や、入居者の管理、建物の管理を行っています。クラストの無料管理システムはオーナー様から管理費をいただかずに、マンション経営のサポートをしています。無料でも、積極的な入居者募集やわずらわしい管理業務、また40年の管理実績から得たオーナー様にも入居者様からにも信頼いただけるサービスを提供しています。管理費用の負担は長期経営の中では大きなものです。その負担をゼロにすることでオーナー様に安心かつ高収益のマンション経営をお届けしています。

無料管理システム

マンション経営についてのお問合せ・資料請求はこちらから

お問合せ・資料請求

無料土地診断

またはお近くのクラストまでお気軽にお問合せください

お近くのクラストはこちら

土地オーナー目線で考える賢い土地活用とは!?
ページの先頭へ